お盆・GW・正月で勝つ立ち回り!ホール状況を見極めろ

 

広告

大型連休での立ち回り・勝ち方について

大型連休のお盆・ゴールデンウィーク・正月・年末年始のパチンコ店の設定状況はどのような状況でしょうか?

また大型連休で立ち回るにはどうすればいいでしょうか?

 

あくまでも私の経験談と考えですので異論があるかと思います。参考までにされてください。

 

ホールの設定状況は?

ホールの設定状況を確認するにはジャグラーの島が一番手っ取り早いです。

ホールにもよりますがジャグラーの島に入ってる高設定の台数の1/2~1/3くらいの割合で他の島に高設定が入っているように思います。

例えば…ジャグラー10台中4台が高設定挙動なら、他の島は10台中2台~1台といった感じ。

イベント開催時など例外もありますが、通常営業ならこんな感じで見ればいいかなと思ってます。ジャグラーが全く出ていない店では打ちたくないですね。

 

2018年のお盆の3日間夕方から夜にかけてホールへ。

通常営業ではジャグラーには必ず数台高設定っぽいなーっと思える台があるんですが見当たらず。

一番良さそうな台でも4あるかなー?といった感じ。設定状況悪そう。それにしても稼働があるなぁ(笑)

やはり昔も今も大型連休の期間は設定状況が悪いです。大型連休に赤自営業するくらいなら店休日にしますよね(笑)

 

これじゃあホール全体的にスロットもパチンコもマイナス調整で間違いないでしょう。

 

 

長期休暇でも勝率を上げる立ち回り

さて、本来はここで帰るべきです。しかし、どうしても打ちたいっていう方のために勝率の高い立ち回りを考えてみます。

まず、確実に勝てるなんて方法はありません。少しでも勝率が高いといった意味です。

狙う機種としては天井やゾーンがある機種のみ!適当なAタイプには手を出さないでください。Aタイプは高設定に見える台も低設定や中間設定の上振れの可能性が非常に高いです。

 

期待値のある台だけ打つ~天井狙いなど

じゃあ天井狙いすればいいのね?ってなりますが、このような状況下では上手い人が良台を見つけられずウロウロしている可能性も高まります。そうなると当然天井まで近い台などが空いている可能性は普段より少なくなりますね。

しかし上手い人は”時給なども考慮”して一定の期待値以上の台のみ天井狙いを行う方がほとんどで“ちょっとプラスライン”の台くらいなら割と普通に落ちています。

普段から言えることですが、遊びたいけど大負けは怖いそんな方は”ちょっとプラスライン”を狙ってみることをお勧めします。

下記のページは私が良く行くホールに置いてある機種の天井をまとめたものですが、大体1500円~2000円くらいの期待値でねらい目を表記しています。このねらい目は上手い人も狙うゲーム数になるため、表記のゲーム数から100Gくらい落としたゲーム数から狙ってみましょう。

【保存版】【天井狙い一覧まとめ】2018年最新期待値まとめ!

 

勝てる可能性も低くなりますが、試行回数を重ねる必要はありますが、適当な台を適当に打つよりはグッと勝率が上がるはずです。

凱旋などは600Gからでも天井期待値が1000円を超えてきます。500G後半くらいなら割と普通に見かけるゲーム数ですね。

閉店時間や投資金額は前もって計算し、最悪のケースを考えてから遊ぶようにしましょう。

最悪のケースとは?

例えば凱旋の600から天井までいった場合。900Gくらいですね。凱旋はコイン持ちが悪いので投資は3万を超えてくるでしょう。ここでは多めに40000円の投資と仮定。時間にすると1時間ちょっとぶん回すことになります。

これで単発で32まで回した場合…投資-2000枚 回収240枚 合計-1760枚

どうでしょうか?考えうる最悪の展開で約35000円のマイナスです。さらに交換率が悪い場合。ざっくり等価から1割くらい落とした計算をすれば予想の範囲内でマイナスの計算が出来ますね。

 

これを多いとみるか少ないとみるかは人それぞれだと思いますが、期待値というのはこういうことを何回も続けると”期待値の金額×試行回数=出玉”に近づくことになります。

 

設定1でも100%を超える台をうつ

私が好んで打っているクランキーセレブレーションですが、この台は設定1でも101%とジャグラーの設定3~4くらいのポテンシャルを持っています。

ただこういった台はジャグラーと違い”技術介入”が出来たうえで機械割が上がる台なので目押しが出来ることが必須となります。スイカを取れることやボーナス中の最大獲得枚数獲得などは当たり前で台への知識も重要です。リーチ目の知識や演出の知識でいち早くボーナスを察知すること。またリーチ目の種類からどのボーナスが入賞したのか察知できることなどなど

例としてボーナス成立から1Gでボーナスをそろえる人と3Gかかる人が同じ台を1日打ったとします。ボーナスを合計40回引いたとき1枚掛けでボーナスを狙うとします。

前者の場合-40枚・後者の場合-120枚の計算となります。80枚の差を多く見るか少なく見るかは人それぞれかもしれませんが、前者の方が得してることは一目瞭然ですね。

 

最近のホールで設定1でも100%を超える台というと

  • ディスクアップ103%
  • クランキーセレブレーション101%
  • HANABI・バーサス100.5%

当たりでしょうか?個人的にはボナ確の甘いクラセレが一番安定していると感じています。

こういった台を打つ場合はリーチ目すら出させない生入りを出来るような打ち方が理想になりますね。1Gごとに慎重に回しましょう♪

 

何はともあれ大型連休はホール側も回収の大チャンスで勝つのは難しいという見解で間違いないと思います。どうしても打ちたい方以外はまず“足を運ばない”というのが重要だと思います。好きな台で好きなだけ遊びたい方は低貸で遊んだ方がいいですね。

 

 

最新情報をチェックしよう!
広告